医師

男性医師と女性医師

ホーム

医師の性別

医師の中には、男性医師と女性医師がいます。個人的には、男性医師が多くを占めており、女性医師は少ないというイメージがあります。

それぞれに対してはどうでしょうか。男性医師はなんとなく厳しくて、しっかりしているイメージ。女性医師は優しくて、やわらかいイメージがあります(あくまで個人的なイメージです)。

そこで、世間の人たちが男性医師と女性医師に対してどんなイメージを持っているのか、また各々どんな特徴があるのかなどをご紹介していこうと思います。

女性医師のイメージ

医師、お医者さんと言えば男性が多いと思いますが女性の医師の存在は、とても大きいと思います。何よりも病院にかかった時、担当の医師が女性だと安心する事が多々あります。

女性医師は、優しいイメージかあります。特に話しをする時に感じます。また女性患者が通院していて、身体的な悩みは断然、男性医師よりも女性医師の方が伝えやすいと思います。最近は、産婦人科へ出向く時、女性医師の病院を探す人が増えていると聞きます。これもこうした内情からだと思います。

女性医師は、結婚や出産で現場を離れてしまう事も有り得ると思いますが無くてはならない存在だとも思います。今後も女性医師が働き易い、復帰し易い現場環境を徹底させて欲しいと願います。医師は、とてもハードですが人の命を担う仕事です。気丈な心が必須と言われていますが夢や希望を持った医師が増えて欲しいと思います。病は気から、と言いますが万が一病気になった時に通う病院は、通い易い環境がありがたいと思うからです。

医師募集をお探しの方必見です。

男性医師のイメージ

女性医師のイメージはクールで気が強い等、誰もが似たようなイメージを抱くのに対して、男性医師のイメージはややぼやけます。まず、知的・聡明・頼りがいのあるといったプラスのイメージも多くあります。子どもの頃に風邪をひいた時に看てもらった町医者の優しいイメージを抱くことも多いでしょう。

逆に、出世欲が非常に強いイメージや、政治的な裏のイメージを連想することもあります。しかし、悪いイメージの大半はテレビドラマや映画から刷り込まれるイメージや、ニュースで報道される病院の不祥事等の影響が大きいのではないでしょうか。実際に医師と触れ合う時間よりもテレビを見る時間の方が多い場合、このようなことになります。

自分がお世話になったことのある医師に対して上記のような悪いイメージを抱くような人はあまりいないでしょう。つまり、男性医師に対しては様々な良いイメージや悪いイメージを想像しますが、実体験からよく考えてみるとやはりプラスのイメージを抱くことの方が多いことでしょう。

女性医師の割合

医師と言えば圧倒的に男性が多いものです。しかし、最近は割と女性医師も増えてきています。これには結婚や出産を機に一度は退職したものの、様々な好条件によって職場復帰することのできた女医が増えてきたことが考えられます。医師免許を持っていれば体が可能な限り、ずっと医者として働くことができます。

結婚や出産によって退職してしまうというのは、ちょっともったいないことです。育児休暇を取った後、職場復帰する女医にとって好条件となる職場は託児所付きの職場です。最近は託児所付きの病院やクリニックが増えてきていることもあり、女医も気兼ねなく働くことができるようになってきました。とは言え、それでもまだまだ男性よりは女医の方が少ない時代です。産婦人科や婦人科などには女性医師の割合が多くなっているものの、女性医師が働ける現場はまだまだ少ないと言えます。

女医ではないと病院へ行く気がしないという人も特に婦人科系にいは多いため、割合が増えてくれることを願っている女性は多くなっています。